恋の始め方、恋の終わらせ方

前回の報酬系の話をもとに、次は恋愛について脳の観点から考察してみよう。

いまあなたが誰にも恋をしていないならば、恋にはまり込んでいるあの感じは理解できない。たとえ過去に経験した泥沼の恋を思い出しても、そのままの当時の心境は思い出せないばかりか、どうしてあんな人を好きになったんだろうとすら思える。

もちろん思い出として残っているから、決して否定ばかりではないだろうがね。

ところが今日あなたが出かけた先で、偶然ある人のことを好きになり、居ても経ってもいられなくなる可能性は十分にある。

ついさっきまで友人の恋愛相談を聞いていて「私には理解できない、あなたは幸せ者だ」なんて達観していたのに、いざ自分がそうなるともうその相手のこと以外何も見えなくなる。

つまり「なんらかのスイッチ」がオンになるわけだ。それが前回から話してきた脳内の報酬系となる。

恋心というマジック

「ちょっと待ってよ、それって恋愛もお酒やドラッグと同じってこと?」とあなたは反論するかもしれない。恋愛というのはもっと崇高なもので神秘なるものだと、あなたはそう言いたいわけだ。

だが残念なことに(本当は残念ではないのだけども)、恋愛感情というのは脳内で生まれる「快楽」であり、あの恋の盲目性とはアルコール依存者となんの違いもないのである。

間違えてはならないよ、最後にちゃんと話すが、恋愛と真の愛はまったく違うものだ。あなたはその真の愛のイメージを恋愛にみているにすぎない。ところが恋愛感情とは脳内麻薬によって生成される幻想であり、それゆえに独善的に成り果てる。現にいつもそうなのではないかな。

だが脳内の作用であるからこそ、その原理を知っていれば正しく制御できるのだ。タイトルの通り、恋を”始めること”もできるし”終わらせること”もできる。

またこのメカニズムを理解するならば、意中の相手に自分のことを好きになってもらうためにはどうすればいいか、また仕事の相手に好意を持ってもらうことや、あなたが芸能活動などをしているならば、自分のファンをたくさん作り出す方法の糸口をつかむことができる。

いわば恋とは人を操る(または己も操られる)マジックそのものなのだ。

恋はどのようにして始まるのか

まずは恋愛感情がどのように成立していくかをみてみよう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. A より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. A より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事