不幸依存のスパイラルから抜け出す

アルコール依存やネット依存など、依存症には色々あるけども、実は「不幸な人生」や「恋愛」さえも、依存のメカニズムから生じている。つまり依存について理解することで、己が陥っている状態を軽減させたり、そこから抜け出すことができるようになる。

そこで今回は人生でもっとも重要だと思われる”脳内麻薬とその取り扱い“について話をしていこう。

脳が快楽を覚えるとき

さて依存だが、それは脳の構造にある。

たとえば甘いものやおいしいものを食べたとき、脳は快楽を覚えてまたそれを欲するようになる。この脳内で生じる「快楽」があらゆる依存の源となっているものだ。

自分の苛立たしい気持ちを爆発させるときに「快楽」を感じてしまうと、またそれを求めるようになる。もちろん日頃からそうであってはならないと自制するゆえ、ジレンマに揺れることになる。

リストカットや自己嫌悪もそうだ。自分を否定することが快楽となって、どんどん深みにはまっていく。それはアルコールやドラッグ依存になっているのとまったく同じ原理にある。

報酬系の発見

1953年にモントリオールのマギル大学にて、オールズとミルナーの両教授は実験用のラットの脳に電極を差し込み、特定の部位(ニューロン)に刺激を与えると、それを再び欲しがる兆候をみせたことを見逃さなかった。

つまり脳に強烈な快感が生まれる場所が存在することを発見したわけだ。

この部位は幅広く分布されているので「報酬系」という一括りで呼ばれる。多幸感や高揚感、爽やかさ、安らぎ、嬉しさ、喜びといった「私たちの知るあらゆる快感」が脳内のその領域が働くことによって創り出されている。

報酬系のなかで特に重視されるのが、中脳にある「腹側被蓋野」という部位となる。A10と呼ばれるので以下もそれに従おう。

同じ料理なのに味が違う

ラットの実験によって報酬系に刺激があるとき、A10からドーパミンが大量に分泌されることがわかった。

ドーパミンとは脳内の神経伝達物質のひとつで、快い感情や前向きな意欲などを生じさせるアドレナリンに変化する。

実際、豊かな人生を築いていくうえでドーパミンの分泌は必須であり、生活スタイルや食生活の工夫をするということは、それによってドーパミンの恩恵を受け取るためにあるといえる。

たとえば同じ料理でも、食器のデザインや照明の色で味が変わることが実証されている。これは気分の問題ではなく、脳の構造として報酬系が作用するためだ。

廃人化

ところがこのハッピーな脳内麻薬には罠が潜んでいる。

ラットの実験をさらに延長して、ラット自身がレバーを押せば報酬系に刺激が起こるようにセッティングしてみたところ、ラットは餌を食べることも眠ることも忘れ、24時間無我夢中でレバーを押し続けるようになった。

体が衰弱してもそれでもレバーを押し続ける。気持ちよくてたまらないのだ。やがてそのまま餓死してしまった。

これと同じ様子が、私たちの社会のあちこちで見て取れるのは明白だろう。アルコールや病み付きになる食品、恋愛感情、成功や獲得、また逆に自虐や他者への恨み、SNSなどに張り付いてしまうこと、それらはラットがレバーを押しているのと同じとなる。

依存症

依存には2つのグループがある。

ひとつは精神依存であり、たとえば酒が飲みたくてたまらない、タバコが吸いたいといった渇望のことだ。

もうひとつは身体依存となる。我慢しようとすると落ち着かなくなったり、頭がクラクラしたり、心拍数が上昇したりする。常態的にアルコールが入っているため、それが失われていくと体が異変だと勘違いしてサインを送りはじめるからである。

落ち着かせるためにまたアルコールやタバコに手を出してしまう。そうした嗜好品によるホルモンの過剰な乱高下によって精神状態はどんどん不安定になっていく。やがて鬱病や神経症を患うことになるが、その陰鬱さを解消しようとまた”報酬物”に手を出してしまう。悪循環に陥っていく。

哀れなネズミの姿がそこにある。

社会に操られる私たち

つまり嗜好品(もちろんその他のことも)で報酬系の働きが癖づいてしまい、それを保たなければならないという心理が働くのが依存症の要因となる。これがなかなか厄介であって、アルコールのCMやタバコを吸っているシーンを見ただけで、反射的に脳がいつもの高揚感を求めようとする。

つまり”頭のなかの生物”が報酬プロセスを記憶してしまい、それを求めて暴れ始める。

ニューロンの悪いパターンが形成される、言いかえれば「潜在意識に刻まれた」というわけだ。

酒や食品は24時間どこでも買えてしまい、またスマホは四六時中情報を発し続ける。まさに依存させるために社会構造があるように思えるが、それは過言ではない。

むしろそうして人々を操作することで、この資本主義社会は成り立っているのだ。

だから魅力的なCM(オシャレなタレントが楽しそうに酒を楽しんでいる映像)などには注意しなければならない。

また他人に対して苛立つ感情(爆発させてスッキリしたい)というのは、実はあなたの感情ではないのだ。知らずのうちにその報酬プログラムを植え付けられているのである。

依存を抜け出すには

だからこの誘惑だらけの状態から、重度の依存を「やめよう」という意思だけで抜け出すのは困難といえる。繰り返すが、嗜好品だけでなくあらゆる精神依存がそうである。

そこで良い方法がある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. A より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. A より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • A より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事