現実は絵のようなもの

誰かのことを考えてみる
何かのことを考えてみる
すると映像が出てくる
その映像に対して
いろいろな思考が貼り付いている

つまりあなたの記憶とは映像だ
音ですら映像として再現される

意識という空間に絵が並んでいる

それらは何の影響力もない単なる絵
だがあなたがそこに評価を与えると
絵が力を持ってしまう

あなたは一枚の絵、
そしてまた一枚の絵、
絵が現れるたびに評価を与える

特に興味を示さなければ絵は力を持たない
あなたが胸を踊らせれば
それは胸躍る一枚の絵だ

ポジティブな人生を味わいたいのなら
絵をそのように受け取ればいい
すべてあなたの基準で世界は彩られる

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , ,

コメント・質疑応答

  関連記事