すべてがあなたであるというのに

部屋の壁に抱きついて
「ありがとう」と言いなさい
その壁ですら
あなたの「物語」を立ち上げてくれている

あなたの見ているすべて
あなたの五感で感じるすべてが
「あなた」なのだ

あなたとは、その感じるすべて
それでできている

ワンネスや統合意識などというのは
結局のところ
そのすべてがあなたなのだということだ
そのどこに苦がある?
そのどこに求めるものがある?

ただごく当たり前の前提だった「そのこと」を
損得勘定や劣等感や存在意義などという
つまらない自我で見えなくなっていたものを
単に思い出す
それが悟りだ

そこにあるすべてが自分だったのに
起こる出来事の流れが自分であるのに
なぜ思考に飲まれて抵抗するのか
くだらないことだよ

常に死んでいると思いなさい
事実、瞬間ごとにあなたは死んでいるのだから
見たもの、聞いたもの、触ったもの、味も匂いも
そのすべてに「ありがとう」しかない

すべてがあなただったことがわかるだろう
五感で感じるそのすべてがあなただったのだ
どこに苦がある?
苦すらも有り難い
ハズレもアタリ

そこにそうして生きていること
それは何もかもを体験できる
言い換えれば
体験があなただ
それがあなたの正体だよ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. 普通さん より:

    「痛い」のは嫌です。切実に思う。痛いの嫌だから他人の痛いのも国籍とか関係なし好きくない。「体験したくないものは体験したくない」

コメント・質疑応答

  関連記事

この世はタダで存在している
他者を愛することができない
フリーダムトレイン
ストレスのない生き方を実践する
境界線を変えると世界はひとつになる

2013.12.18    Notes ,

あなただけの物語をはじめる方法(2)
思い出の交差点
光の折り紙