楽観主義と悲観主義の壁

何かがうまくいかなったとき
あなたはどう捉えているだろうか

人生が不安に満ちたものになるか
それとも楽しいものになるかは
この「捉え方ひとつ」なのだ

たとえば配属された勤務先で
みんなはすいすい覚えていくのに
自分だけが進まない

そんなとき
「自分はだめな人間だ」と思うのではなく

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. ituki より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. 愉快 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

どこまで行っても必ず何かがあるのはなぜか
他者とは何者か
人を愛するということ(3)
四肢になる瞑想
使い捨てロボットが意志をもつとき-15
幸せとは幸せに気づくことにある
トイレ掃除がお金を巡らせる
人生という綱渡り