一者のみてる夢

一歩前へ歩めば
風景も一歩前へ進んでくる

右側を見てみれば
右側の光景が見える

壁を手で押せば
壁も同じ力で押し返してくる

誰かの悪口を言えば
あなたも悪口を言われる

口にせず思ってることさえも
しっかり何かで返ってくる

不思議だね

自分と相手は
まるで「ひとつ」みたいだね

科学でも宗教でも
まるでひとつであるかのようなこの不思議を
「人間にわかるように」伝えられてきた

作用と反作用の法則とか
エネルギーの保存則とか名付けたり
仏教ならば不生不滅や不増不減とか
因縁生起とかいったりしてきた

「人間にわかるように」とは
誰もが「自分と相手は別々である」
という前提に生きてるからだ

だけども「やった分だけ戻ってくる」とか
「姿形を変えてもエネルギーは変わらない」
とはどういうことだろう

それはそもそも
一者」だということじゃないのかな

机をトンと叩けば
同じ力が指先に返ってくる
これは「どっち」が叩いたのだろうか

右手をあげると
右手があがる

たとえばこの
「あげる」と「あがる」

自分があげたのか
それともあがったものを
自分は知っただけなのか

どっちだろう?

いいやどっちでもないのだ

すべては「一者の動き」であって
その「名もなき起こり」を
「指が机を叩いた」という映像にして
意識上で浮かべているだけなのだから

 

1.

好きな映像を浮かべてるだけ?

じゃあ別にドラムを叩いていることでも
それどころか「名もなき起こり」であるなら
海で泳いでる映像でもいいわけだ

その通り
なんだっていい

だけども意識上に現れる映像は
ほんの少し早く
潜在意識というさらに深い領域で
準備されたものとなる

だから気がついたらすでに
この現実世界に取り囲まれている
毎朝目を覚ましたときには
もう映画のなかだということになる

配役も決まっているし
シナリオも「現時点」では
すでに確定している

つまり現実の光景を変えるには

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. tomonori より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事