湯呑みを置いたとき

何十年、あなたと暮らしている母が
ミカンをむきながらこう言った

実はあなたの本当の親じゃないのよ

一瞬呆気にとられる

「‥え?」と声を出せるまでの
ほんの束の間の空白

それが悟りである

 

母がそれを言った瞬間
光景が静止する

思考が追いつかないからだ

それまで当然のように
順序立てられてきた法則が成立せず
宙に浮いたような感覚に襲われる

何もかもがバラバラに外れてしまう

目の前のこの人間は何者なのか
そもそも人間とは何なのか

これまでの暮らしとは
いったい何であったのか

ここは本当はどこなのか

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事