自分が作られるプロセスを知り苦悩のループから抜け出す

人間の幼児というのは
動物の子供と違ってとても未成熟だ
生後数ヶ月経っても
自力で動き回ることすらできない

生きるためには
常に外部に依存しなきゃならない

母なる大地のもとに
産まれてきたというのに
まったく大地との統一性には及ばず
その全体性と断たれた不調和な感覚、
そして何もできないという無能感は
成熟した大人になってもつきまとう

幼児が深層で感じている
思い通りにならないという苛立ち
(全体とひとつでない苛立ち)は
まるでベッドに縛り付けられた
寝たきり病人と同じ感覚であるといえる
心の奥には巨大な空虚が漂っている

そんな満たされない何かに苦しむなか
鏡に映るその姿に何かを感じるようになる

動物の場合はしばらく観察して
そこに実体がないことがわかると
関心がなくなるが人間の幼児は違う

映っているその「存在」と
一緒に遊び始める

それはまる心の陰に
朝日が差し込んでくるような
空虚が埋め尽くされていくような
そんな感覚に満たされていく

そうして幼児はあることを発見する
それが「自分」だ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. munetoshi より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事