気にしなければそれは起こらない

あなたは日頃
自分の体のなかにいると思っている

だが目線を下ろして
腕や胴体や足を
“外から”眺めていることに
気づいてみよう

じっとそのまま眺めてみる

あなたは本当に
そのなかにいるのだろうか?

また視覚だけではなく
冷たいものに触れたときや
体の痛みやむず痒さなど
そうした「体の反応」も
本当は”外側から捉えている”ことに
気づいてみよう

頭部の感覚もそうだね

スーパーの買い物帰りに
重たいキャベツを
手にぶら下げているようなもの

頭痛も歯が痛いのも
体が感じていることではあるけども
その「体が感じている」ということを
己の意識の内側にみている

つまりあなたは体ではないということ
体はあなたの「なか」にある

口のなかの感触も
鼻がムズムズしてくしゃみをするときも
なんでもそうだ

あなたのなかで体は活動をしている

心臓や肺が動いていたり
手足が活動をしている

まずはそうして自分の体が
己の意識の内側にあることに
気づいてみることだ

 

1.

もう一度自分の体を眺めてみようか

あなたは腕や胴体や足を
己の”内側”に眺めている

あなたは体のなかにいるのではない

ではその意識状態のまま
周囲を眺めてみよう

空も太陽も街の人々も
自分の体と同様に
己の内側にあることがわかる

窓から差し込む光
ドアの閉まる音
香りや気温

家族との会話

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. miki より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. よしこ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. yuka より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事