人生から不安を消滅させる

釈迦の教えに正念というものがある
私は在る、自己想起、光明、
それらと同じものだ

たとえばテーブルのコップを見るとき
あなたの注意は
コップに向けられる

つまり客体だけが世界に表現され
主体であるあなた自身は
どこかに忘れ去られてしまう

誰かの話を聴いているときもそう
相手の話に注意が向けらるとき
あなたは自身のことを忘れてしまう

これがあなたの人生でずっと続いている

つまり世界に魅了されて
どこにもあなたがいない
あなたが何かに関わろうとするとき
あなたは存在していない
たったの一度も
それと関わっていなかった

これが虚しさの原因である

どんな楽しい様子にあっても
心のどこかに恐れが拭えないのは
そこにあなた自身が存在していないからだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事