悪魔の木

現実という悪魔がいる

その悪魔は巨大な樹木の姿をしており
無数に伸びた枝に茂る葉や花が
手招きするようにゆらゆら揺れている

危険なのはその花が醸し出す香りにある

誰もがその香りに誘われて
つい花に手を伸ばしてしまう

だがその喜びもつかの間
枝が自分の体に
絡みついていることに気づく

人間関係や経済問題、将来や人生の意味
つまり”現実”に雁字搦めにされるわけだ

誰もがある年齢に差し掛かると
必ずその巨木の前を
通り過ぎなければならない

枝に捕らえられなかった者は
これまでほとんどいないと伝えられる

だから恐ろしい光景がそこにある

まるで「実」がなっているかのように
人々が養分を吸い取られながら
吊り下げられているからだ

花の香りだと思われていたものは
彼らから絞り出されている
油の匂いだったというわけだ

 

 

1

そんなある日のこと
無垢な若者が
その巨木の前を通るときがきた

若者は幼き頃、
つまりまだ
「鼻」が効かなかった頃だが

兄や姉が何かに引っ張られるように
ゆらゆら招かれていく姿を
目の当たりにしていた

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. ruru より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事