魚を泳がせるように暮らす

無職生活が続くほど
仕事の面接に向かうことが難しくなる

だいたいは前職を辞めるとき
少し休息したら
またすぐに探そうと考える

だけども実際にその段階になってみれば
頭と体が石のように重いわけだ

心の準備と社会の流れとの
タイミングがいつまでも噛み合わず
行動を起こすことができない

それは精神が体と密接な関係にあるからだ

体には暑いときには汗を出して
体温を保とうとするように
恒常性ホメオスタシスの維持機能がある

怠惰な暮らしで体が鈍っているとき
精神の起伏もそれと同化していることになる

つまり無理やり行動を起こそうとするのは
いまある安定ホメオスタシスに反発することであり
面接という未知の扉を開く「重み」と合わせて
二重の苦しみを超えなければならないわけだ

 

良縁をつかむ原則

こんなときにおすすめなのが

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

人間関係のイロハ
あなたは死なない
どこへ行ってしまったのだろう?
砂場のそとに出る
円満な関係の原則
ホリスティック
楽園へのチケット
悲しみに終止符を打つ