天からの伝言

たとえば新しい人との出会いにしろ
新しい職場や業種に就くことにしても

それが実現したのは
何もせずに閉じこもっていたのではなく
それが起こるための行動をしていたわけであって

いわば大地から出た小さな芽が
樹木になって生い茂り
やがて果実を実らせたようなものにある

だが行動といってもその目的が
直接に果実を得るためのものだったとは限らない

たとえば別の用事のために動いていたら
その結果として新しい人生が開いたりもするように
むしろその流れのほうが多いだろう

ここで原因と結果を逆さまにしてみれば
いまあなたが実現していることは
その果実が実ることは
実現する以前から決まっていたことになるね

こうして逆さまにしてみることが
人生の謎を解く唯一の鍵であることを
覚えておこう

つまりその果実があなたを導くために
いろんな行動を起こさせていた

もちろん行動を促すためには
さまざまな情報を人や物事からあなたに与えて
それらについて考えを浮かべさせる必要があった

たまたま知り合った相手が
ここ最近ずっと考えていた物事と
偶然一致する事柄を持っていたみたいな
そんな経験をしたことがあるならば
それはまさに果実があなたをそこに導いたんだ

 

予兆

ひとつ例をあげておくよ

たとえばどこかの都道府県について
これまであなたにまったく関わりがなく
それは遠く離れているし
名前を知ってるだけだったとしようか

ところがここ数日のあいだに
家族がその県の知り合いの話をしたり
友達がその県に遊びに行って
「よかったよ」とあなたに勧めてきたり

まあそんなこともあって
あなたもその県に買い物や
そこの有名な神社のお参りに行ったとしよう

いろいろ発見もあったりして楽しかった
人生が拡大したような感覚だった

さてそんなことが続いていたと思っていたら
地元であなたに好きな人ができて
話をしてみれば
なんとその遠く離れた県の出身者だったりする

「ええ?そんな偶然ってある?」と驚いたが
やがてその人と結ばれたとき
あなたは思うわけだ

そうか、家族や友達の話や
遊びに行ったりしたそんな経験の数々は
この人と出会うための予兆だったんだとね

 

赤い糸

そのとおりで
人から伝わる情報やそれに対する関心や
そして実際に行動していたというその一連は
まさに小さな芽がだんだん大きくなって
果実を実らせていくためのプロセスだった

樹木の成長は見た目のとおりだが
しかしこうした運命的な進展も同じく
自然の摂理に(つまり宇宙の法則に)
従っているのだとあなたは痛感する

さらにこの話にはおまけがあって
その恋人もまたあなたに出会う前に
いつもと違う体験をしていたりする

そしてあなたと出会って
「ええ?こんな偶然あるの?」と
何かに重ねて驚いていた

もちろんこの例はわかりやすいパターンだけども
実はどんなこともこれと同じで
さまざまな予兆を経てから結実へと至る

ところが実際は
身の回りに起きたことが予兆だとは気づかずに
過ごしていることが多かったり
たとえ気づいたとしてもすぐに忘れてしまう

だからあなたが予兆を覚えていても
恋人はそれを体験してるのに忘れていたりするが
(偶然を驚いたことすらも忘れている)
しかしあなたと結ばれたとき
その人はあなたに惹かれるだけの理由や
交際を実現できる要素が揃っていたわけで
赤い糸というのは一本でつながっているんだ

だけども後述するように
人間の俗世界に浸りすぎて
ある基本的な力が衰えているゆえに
素敵な糸が垂れ下がっていても
辿られることなく見失われてばかりとなる

 

“願望”を引き寄せる

その前にもうひとつ大事なことは
「どんなことも同じ」と言ったとおり
災厄についてもやはり予兆があるということだ

そう、すべては”樹木”の成長と同じ

しかしこれもまた
その予兆をなんども体験しているのに
そのことを忘れてしまうがゆえに
“回避”できないでいることが多い

わかるかい
「避けること」ができるんだ

言いかえればそうして
災難を事前に察知して避けられる人というのは
逆に望ましい実現も叶いやすい人でもある

なぜならその人は

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘や扇動する行為、犯罪行為を正当化するコメントなどは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、暴力的な表現など他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・意図的であるなしに関わらず、文章が途中で途絶えているものは掲載不可となります。もし誤って送信された場合は早めに追記として再投稿してください。
・マナーを守らない場合は規約違反となります。また他のユーザーや当事業部、作者への中傷や毀損と思われる言動は会員規約に則り強制退会および法的措置となりますのでご注意ください。
・投稿者による有料記事の大部分に渡る引用は禁止しております。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。
・コメントシステムはWordpressを利用しておりますので他でWordpressアカウント(Gravatar)を設定されている場合、アイコン画像がコメント欄に表示されます。会員登録されたメールアドレスで紐づきますので、もしアイコンを表示させたくない場合はお手数ですがこちらより涅槃の書の登録メールアドレスを変更してください。

  1. ダテキヨ より:
    コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
  2. moonriver より:
    コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
  3. meketaro0510 より:
    コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
  4. moonriver より:
    コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

-->