この世はどこにある?

科学しか信じられないというあなたは
たとえば自分の親と喋ること
また自分の子どもと喋ることが
いかに不思議な体験をしているかに気づいてみよう

それは”科学的”にいえば
同じひとつの体から分離した同士が
互いに意識を持って言葉を交わしていることになる

そしてそのように肉体レベルで辿ってみれば
人類は共通の祖先を持っていることになり

脳を中心に考察するなら
ひとつの脳がたくさんの脳に分離して
脳同士が語り合ってることになる

それはなかなかシュールな光景だけども
では”私たち”とはなんだろう?

そうして思索を深めていくと
もう科学を超えてしまうわけであって

つまり交わしている言葉だけがあり
その言葉のなかに
肉体や脳が語られているにすぎないことが
みえてくるんだ

“科学”も”神様”もそうだし
“親”や”自分”もそうだね

だから本当の共通の祖先とは

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

ひとり芝居をやっていることに気付く
自由はその服のなかにある
光に包まれた世界
幸せとは「何もない」こと
幸せとは何だろう
あなたとコブラ
他者の問題の中で生きることをやめる
手渡されていくバトン、永遠の生命(2)
-->