心のホットライン

子供の虐待をする親や
ペットを遺棄したりする人は
もちろん心に問題を抱えている

心が満たされていたら
そんなことしないわけだからね

ところがそうして
心が満たされていないとき

子供やペットに愛情を注ぐこと自体が
とても苦しいものとなってしまう

どうしてこんなに私ばかり
辛い思いをしなければならないの?とね

それでも心の隅っこには
「子供や動物は無条件で愛されるものだ」
という焼きつけられたような信念があり

だけどもまさにその信念が
「愛さなければならない」という
重たい呪縛と化して
そのジレンマに追い詰められるわけだ

そしてそのジレンマは怒りや憎しみに変わる

どうして愛されていない私が
自分以外のものに
愛情を注がなければならないのか

私だって好きに生きてもいいじゃないか
私だって愛されてもいいじゃないか

まあそんなところだろう

 

愛することができない理由

だがいいかい

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

無理をしないことで人生は開いていく(後編)
解放されるためのメソッド
恐怖に直面する生き方で存在のパワーを得る
狂気を目覚めさせる
他人の心を知る正しい方法
人生をのんびり過ごす
マーライオン
運命の赤い糸
-->