いちばん大きな眼差しに映るもの

思い出が輝かしいのは
まるでその頃の光景が
奇跡のようにみえるからだが
それは間違えていない

そう、まさしく奇跡だったんだ

むしろ”間違えている”のは
日頃の己のほうであってね

つまり思い出が
なぜ素晴らしく感じるのかといえば

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->