いちばん大きな眼差しに映るもの

思い出が輝かしいのは
まるでその頃の光景が
奇跡のようにみえるからだが
それは間違えていない

そう、まさしく奇跡だったんだ

むしろ”間違えている”のは
日頃の己のほうであってね

つまり思い出が
なぜ素晴らしく感じるのかといえば

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

あなたを通り抜けようとするもの
無限の豊かさを享受する
自己管理の法(20)
信じる力が自分を救う(中編)
あなたは奇跡に包まれている
時間整理術
愛と恋の違い
フィクションの世界(2)
-->