“望み”はいつも実現している

望んでいたことが
奇妙なほどに順調に実現していって
「そうか、やっぱり導かれているんだ」と
なにやら神秘的な力を実感したとしよう

ところが後になって蓋を開いてみれば
「なあんだ、そういうことだったのね」と
あまりに平凡な理由が判明して
少しがっかりした気分になる

世の中の時期的に単にそうだっただけとか
相手の希望がたまたま一致していたとか
そんな感じだね

つまり「導き」ではなく
現実的な偶然が重なっただけだったわけだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->