手渡されていくバトン、永遠の生命(3)

連載最後になるけども、今回は特に恋愛について悩む人へのヒントとなるだろう。

その前に簡単におさらいをいれておく。幼児は1歳頃に鏡像段階を経て、自己同一化を果たす。そして反応的に言葉を覚えはじめて、やがて3〜4歳頃に自発的に言葉を使い始める。

言葉を自ら使い始めるとき、以前の「安らいだ世界」は姿を消して幻想の世界の住人になってしまう、というところまで話してきた。

つまり鏡像段階とは、のちに言葉を使い始めるための素養となるわけだ。だから人間が苦の世界に生きることは必然的なものであるといえる。

なぜ苦なのかといえば、それは本来包まれていた純粋なエネルギーから切り離されるからであり、そして言葉の世界において、つまり他者からその欠如したエネルギーを奪おうとするようになる。

これがよく現れているのが、恋愛においてだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. TOMOYA より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事