さかなの涙

悲しんでいる人をみると心が痛む

なにか手伝えることはないか
そんな気持ちに駆られる

あなたがそう思える人ならば
それはその涙を通じて
大きな何かを感じているからだ

そうした損得を超えた”使命感”というのは
そこから己の意志や行為を
通じて湧き起きてくるものでね

そのとき人はもう”人間”ではなく
大きな何かに遣わされたもの

すなわち天使にある

 

さかなの涙

だが天使はなぜ救おうとするのか

たとえば
“水のなか”で暮らす魚たちの
悲しみに暮れる涙をみることはできない

これは寓話風の比喩だが
もしその涙をみたとき
私たちはある重大な事実に気づくことになる

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

自分を許して理解してあげる
豊かな人の秘密
世界はあなたそのもの
砂浜の足跡
言葉をこえる
無理をしないことで人生は開いていく(中編)
荒れた世界に光の道を見出すこと
人を愛するということ(解説)
-->