すべてはあべこべ

私たちは自分、自分と
自分を中心にものを考えて生きている

自分を守るために働き
自分を喜ばせるために楽しみを探す

ところが人はいったいどのようにして
「自分」を知るのだろうといえば
自分という何かがあるからではない

少し考えてみようか
あなたは日頃どうやって自分を知るだろう?

それは何かを行為しているときだけなんだ

誰かに怒りを感じたり
物事に取り組んでいたり

服を選んだり
人と会話をしていたり
何かが目に留まっているときだったり

そうした”行為のうち”に
あなたは自分を発見する

それゆえに「いましていること」に
最大限に意識を向けるとき
己が何者であるのかを知るだろう

しかしひとつ疑問が残るね

じゃあその
「いましていること」とはなんだろうか
ということだ

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

高次元に移行して自在なる存在となる(1)
良縁の到来は本当の孤独になってこそ
「できる」のドミノで人生は実っていく
未来の自分に力を与えてもらう(後編)
問題はそれ自体では解決しない
世界はこの手の中にある
他人から自由になる
あなたは幸せに生きている
-->