人生はとてもシンプル

良いことがあったら
“肩の荷”がおりたみたいにとても身軽になって
なんだってできそうな気がするだろう

それはすべてを許せる気分になっているからだ

いつも気になってたことも
まったく許せてしまうわけだが
こうして「許すとき」というのはある特徴がある

通行人のマナーの悪さも
「きっと何かがあったんだ」と
その人の身になって考えられるし
家族の小言も親切で言ってくれるんだと思える

つまり”自分”の立場が消えて
「世界そのもの」の視点
世界がみえているわけだ

 

素敵な人生を邪魔しているもの

では気分が最低なときはどうしようか

わけもなく不安だったり
その不安が的中したり
他人の行為にイライラしたり

そんなときはとてもじゃないが
なにもできる気がしない

なにかをやろうとも
無理やりに心にムチを打たないといけない

実際いつもそんな感じじゃないかな
現代人のあなたは
やらなければならないことばかりだからね

つまり何かしらの不安要素が常に心にあるわけで
だからちょっとしたことが
怒りや苦しみの引き金となってしまい

あの最良の気分のときなど
そんなことがあったのかさえ
思い出すこともできない
まるで世界が「描き変わった」みたいにね

だがいいかい

あのときなんでもできそうな気がしたのは
実は良いことがあったからではないんだ

それは単なるきっかけのひとつであって
じゃあそのきっかけが
何に作用したのかといえば

それは
“あなた自ら”で自分を消したことにあるんだ

 

人生はとてもシンプル

だから「最低なとき」は
最良だったときの逆をたどればよい

きっかけを探し求めるのではなく
“もうはじめから”自分をやめてみよう

つまりどのような悪いことが起きても
それを対処しようとするのではなく
そのまま水に浮かべて手を離してみる

「水に流す」というのはまさに金言でね

水というのはこの現実の背後にある
「一なる流れ」のことにある

あなたの現実がどれほど複雑に
入り組んでいるようにみえても
実際は一本の流れに乗っているだけなんだ

老子はこれを「タオ」と呼んだ

人生を振り返ってみれば
偶然の重なりで生きてきたつもりが
すべてが「必然」だったとわかるだろう

あのときあの場所で
あなたはその人と必ず出会っていた
出来事は起こるべくして起きていた

つまり一本道だったんだ

 

“他者”は存在しない

だが歩いてきた人生の光景というのは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

-->