幸せの基本

歯が痛くてたまらないとき
なんでもなかった毎日が
いかに天国だったかを思い知るだろう

はやくその至福に到達したいと願う

ところが実際なんでもない日頃は
ここが天国だとは思っていないはずだ

つまり私たちは
何らかの苦しみがあるからこそ
幸福という「幻想」を求めることになる

 

幸福がほしいという不幸

苦しみというのはそうだね
明日の出勤が嫌だとか
人間関係のストレスや生活の不安とか
重責感や劣等感とかいろいろあるけども

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->