心は見かけと反対の姿をしている

貧しい気持ちが浪費癖を生み
豊かな気持ちが節制の習慣を作る

気が弱いからこそ強がるのであり
心に柱があるからこそ
どうぞと他人を優先することができる

だけどもこの場合の優先とは
“気の弱さ”から出る優先ではないから
注意する必要がある

 

1

たとえばあなたが
「相手を優先していつも自分が辛くなる」
というならば

それは結局のところ
「他人を優先している”自分”」を
アピールしているにすぎない

優しさでもなければ心の余裕からでもなく
単に弱い自分の強がりであって
己のエゴを満たしているだけとなる

そんなことをやっていても
中身のない満足と
他人に振り回されるばかりとなるだろう

そしていずれは
「自分はこんなに我慢しているのに」と
爆発してしまうことになる

 

2

そのループから抜け出すには

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事