壁をさわる

壁を触りなさい
手が壁をつたう

そこに手と壁がある
だがその関係性

かたく
つめたい
おしのけられる

そんな感覚をさらにシンプルにしてみる
言葉の表現は超える

「それ」がそこにある
あなたが壁を触るとき
手と壁は一番最後に生まれる
触ろうとした意識が
最も最初に感じたその様子
それが根源だ

そこを頂点として
すべてが生まれてくる
あなたの概念が生み出していく

だからその壁はあなたと
隣にいる彼とでは印象が違う

だけども共通の話になるのは
「それ」が同じだからなのだよ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

崩れそうな家で必死に踏ん張っている
空っぽの人生を歩まないために
人間を知る(1)
循環というひとつの大きな作品が宇宙の正体だ
ヒーリングライフ(3)
人生最大の出会い
他人に影響されず自分が自分の支配者になる
楽しい毎日がやってくる人