人生とは思い出を作っていくということ

人生とは何か?
陳腐に聞こえるだろうが
「思い出作り」なのだよ

「あれこれやったけど結局無駄に終わった」
そんなときあなたはふて腐れて
ただ疲労感に浸される
それはそこに
意味を見つけようとするからだ

人生には意味もなければ理由もない
この理解を深めなさい
あなたがそこにいる目的は何もないのだ

生まれてきた理由などないし
生きていく目的などありもしない

ただリアルタイムな生だけが
そこにある
その視点から眺めてみると
すべての物事が等価値であること
つまりいま体験していることが
すべてであることがわかる

「あれこれやったけど結局無駄に終わった」
という思い出を作ったのだよ
決して陳腐な言い草ではない

釈迦はどんどん進みなさいと説いた
進めば何かがある、
そう受け取るだろうがそうじゃない

進むことで多くの思い出が
後ろにできるということだ

だから失敗は失敗ではないし
喪失は喪失ではない
不垢不浄 不増不減
幸せなあなたが世界を生きる
幸せを探すのではない
幸せなあなたが世界を生きるのだ
人生のすべてはその思い出作り

いずれその思い出自体が
「あなた」だったことを知るだろう

だから好きに生きなさい
やりたいことをやりなさい
何の成果を残さなくてもいい

生きること
それがあなたの唯一の責任なのだ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

時間の錯覚を見破れば世界はあなたの遊び場となる
感情に振り回されなくなるには
あなたは何者なのか(1)
強烈に幸せになる瞑想
マイペースに生きるとあなたと世界が連動する
充実感に満ちた日々を送る
受け容れるということ
あなたの関わるすべては「あなた」なのである