ことばを実現させると願望が実現する

生を授かるというのは
精神の世界がひらくということだ

人間が動物や植物と違う唯一の点は
ランガージュを持っていることにある
言葉を扱うことのできる能力のことだ

猿や鳥のなかには
言葉的な音声を発するものもいるが
それは言葉を扱っているのではない

人間だけの特性であり
言ってみれば
ランガージュがあるから人間なのだ

言語能力といっても話すことだけじゃない
思い浮かべることもそう
すべては言葉として浮かべられる

だから
精神の世界がひらくというのは
言葉の世界がひらくということにある

さてその言語能力とはなにかといえば
複雑なものではない

何かと何かを比較すること
つまり区別することだけ

「あれ」があるから
「これ」があるという具合にね

私たちに見えている世界というのは
本当は砂漠のようにボーダーレスで
全部が繋がっている

砂が敷き詰められてるものだから
あっちの砂の山が風で動くと

押されて押されて押されて、、

こっちの砂の山も動かされる

最初の砂の山とこっちの砂の山が
100キロメートル離れていたとき
どれぐらいの時間がかかるのかといえば
ゼロ秒だ

連続した総体に時間は存在せず
因果関係というものはない
すべてがはじめから結果であり
「それそのもの」なのである

だから何でこうなったのかという後悔や
こうなるんじゃないかという予測に
ソワソワするのは愚かなことである

そうではなく
いまが未来なのだ
いまが過去なのだ

 

1.

そんな無境界の砂漠に
言葉がひしめき合っている
つまり砂の山が隣接し続けているわけだ

たとえば部屋を見渡せば
瞬時に言葉が飛び込んでくる
単語を浮かべるまでもなく
見た瞬間にランガージュは働いている

たまに見ている風景のなかで
はっと何かに気づくときがある

どこへやったのかと思っていたけど
よく見たらそこに置いてあったときなどだ

無意識が感じていることに対して
顕在意識が感じられるのは
100万分の1程度だといわれている

つまりランガージュの能力の
100万倍の世界が「いつもここにある」のだ
砂漠の砂のようにね

これをイメージをしてほしい

「何の変哲もない砂の世界から
あなたの知るものが浮かび上がる」

 

2.

じゃあそれはどうやって浮かび上がるのか
ここに願望実現のヒントがある

ところで勘の良いあなたなら
もう気付いているだろう

つまり私たちのこの世界とは
すでに願望が実現された世界だということだ

ランガージュは人間だけの特性
つまり創造することができるのは
人間だけである

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

第七の鍵
みんなそれぞれ生きているからこそ世界は感謝で溢れている
無限の可能性
目覚めが起こるとき
考える人生の愚かさ
雲が雨となり、雨が川となる
危険なメソッド
願望の終着点