人生という恐怖から脱する

いまはお盆休みかな。ゆっくり過ごせているだろうか。それとも「盆明けからまた仕事だ」とすでにモヤモヤしているのかもしれないね。どこへ行っても混雑してるし、暑いし、またいつもの日々が始まるし、なんだか飼い殺しにされているみたいだね。

あなたの人生、ずっとそのように「飼い殺し」になっていないだろうか。見えない何かに操られて生かされている感じはしていないだろうか。人生ってのは本当にあなたの知るそんなものなのだろうか?

奴隷は恐怖が一生続くというが、人生が恐怖にしかなっていないのならば、あなたは「あるもの」を解放しなきゃならない。ならば同時にあなたも解放される。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

ネガティブな世界
使い捨てロボットが意志をもつとき-12
人生の制限を解除する
冷たい世間をホットに泳ぐ
宇宙を駆け抜ける
いつも初めてここにいることを忘れない
荒野
あの子と結ばれたい