人生を変える2つのルール

自由に生きてみたいけど、一体どうやって手をつけていけばいいのかわからない、そういうメールをよく頂くけどもそれはすでに存在している世界の中を生きようとしているから、どうして良いかわからなくなるのだ。

そのやり方だと何をやっても辛いことになる。

仕事にしても恋愛にしても、仮に運良くそこに乗りついたところで、ずっと追い続けることになるか、または自身が満たされないままそれを維持していくことになる。

そんなものは「自由」ではない。

じゃあ自由ってのはなんだ?それはあなたの王国を創ることだ。ささやかな夢の実現であれ、それが基本なのだよ。王国とは自分の内側に設立される世界のことだ。そこに君臨する者でなければならない。

まずは「家」に帰ること

そのためにはまず、あなた自身が外の世界の住人に染まり切っていること、それを変えていかなければならない。生活習慣や物の考え方、感情表現など外部の反応として振り回されていることに気付いて、それをやめることだ。

今までと違う考え方をしろということじゃない。外部に煽られてそれに乗せられている自分をやめるということにある。相手の顔色をみて態度を変えないこと。必要以上に愛想を振りまいたりとか、ヘコヘコしたりとか、そんなものは本当は相手を立てるためにやっているのじゃないだろう。相手に取り入ろうとしているだけだ。そのせこい考え方を一切やめること。

まずはこの「相手に取り入ろうとしない」というルールを自分に課すことからはじめよう。

これはマナーやエチケットを無視するということではない。また横柄になれということでもない。そうした態度も結局は周囲の反応で動かされているにすぎない。そうではなく、外の世界を突き放すことだ。人々と同じ場所にいても自分は少し離れたところから見ているつもりでいるといい。外の世界に出向きっ放しの己に気づいて、まずは我が家へ帰ることだ。ならばあなたの内側の世界は光が灯るようになる。

ルールが現実を創る

次のステップは「あらゆる生活習慣を自律化すること」にある。自律とは己の規律に自分を従わせるということだ。人生の成功者、すなわち自分の王国を築いた者が口を揃えていう言葉がある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. shiy より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

お金に困らなくなる話(3)後編
あなたしかいないし、あなたはいない
現実という幻想ゲームをクリアする
原罪
あなたは意識であり記憶ではない
砂漠の地図
危険なメソッド
恐れる必要がない