「 不幸をやめる 」 に関する一覧を表示中

生のリズムに乗ってハッピーのシャワーを浴びる

まったく集中できない、頭が重くて明晰さのかけらもない。そんな状態によくはまるのではないかな。そしてそれとは対照的な状態があることも知っているはずだ。頭はスッキリ …

シンプルな心を習慣にすると不幸にならない

最低の気分なとき それはもちろん 嫌な出来事があったときだろう あなたは腹がひっくり返るような ズンと重い気分をあじわう 世界に置き去りにされた感覚 やっぱり自 …

自由意志を理解して現実を変更する

あなたの暮らしている世界は、内側と外側の2つで成り立っている。これを理解すれば現実をいくらでも変えることができる。 注意が必要なのは、外側というのは「意識が向け …

光に溢れる人生を送る

人間は自分を持つほど不幸になる つまり理性的になるほど 出来事に恐れるようになる たとえば誰かに何かをしてあげるとき 「曇りのない喜びだけがある」 というわけじ …

サンクチュアリ

その山はずっとそこにある 何万年もね そんな世界にあなたは包まれている 人間は個人的になるほど 人生の虚しさを感じるようになる このコンテンツを閲覧するにはログ …

新しい世界へ

自分のことを楽しみなさい ならば誰かは明るくなれる 自分を救いなさい ならば誰かが救われる 世界は必ずあなたの後ろについてくる だから何かを追いかけるのではなく …

人生の制限を解除する

足りないものを求めたり 不都合な問題の解決に追われたり あなたはそうやって 「満足に生きられるように」と ずっと求めてきた しかし求めても求めても 満足は続かな …

遭難

意識が朦朧としていると 向こうから光がみえてきた 救助隊だ もう何も考えなくていい 毛布に包んでもらい 隊員たちの手で運んでもらえる あなたは何をする必要もなく …

現実の苦しさから離脱する

この世は「全体が同時に動いている」というのは、いつも話している通りだけども、そんな中で「自分」という幻想が全体に抵抗しようとするから苦しむわけだ。 このように聞 …

この世の良し悪し

誰かに何かを言われて腹が立つ 考えてみれば腹が立つのは 毎回似たようなことだろう ではもし いつも腹が立っていたことが 全然に気にならなくなったら それはどんな …