「 循環 」 に関する一覧を表示中

頑張りすぎない

なぜかわからないけども うまくいくときがあるだろう 今日はメイクがいまひとつなのに 素敵な視線を感じて嬉しくなったり 怒られると思っていたのに 全然そんなことに …

なぜあのひとはあなたを虜にするのか

人前でどうしても緊張してしまう 頭ではわかってるのに仕事がうまく進まない そんな悩みをよくいただくのだけども いくら自己啓発なり メンタル教室なりで鍛えたところ …

信じる力が自分を救う(後編)

究極の問いとは 「汝を知れ」ということにある 私は誰なのか 何者なのか 当たり前のように生きているこの世とは 本当はいったいどこなのか そこに気づくかどうかなの …

潜在能力を自在に発揮するには

無意識的な活動をそのままにしておくのではなく「自分が無意識の存在である」ということを知ること、それが「意識的に在る(私は在る)」ということである。 これを正しく …

新しい世界に住まうこと

同じ環境で生きていると そこでの常識や考え方に染まる それが人間というものだ たとえばこれを読んで 「へえ、そうなのか」とか 「親と考え方ちがうのに?」とか そ …

素敵な世界が実現していくプロセス

こだわっている思いを手放せば、それよりさらに良いものがやってくる。 これは幸福の法則のひとつだけども、なぜそうなるのかといえば、私たちはただシンプルに起きている …

使い捨てロボットが意志をもつとき-16

「自分はなんであるか」と問うてみれば、すべてが外側の情報であるとわかる。名前、性別、好きなこと、苦手なこと、出身地、身長や体型、髪型、学歴、職業、特技、誰の子で …

使い捨てロボットが意志をもつとき-12

思考について考えよう。 人は思考に振り回されているが、思考そのものをどのように捉えるかに思考を向けるとき、そこから解放される。そこで第一にあなたが理解しておかな …

使い捨てロボットが意志をもつとき-10

先に進む前に「無意識の殻」についてもう少しだけ深めておきたい。その原理を考察するにあたり、現実の生成や、一目惚れ、自分の性格、そして釈迦の悟りなどを扱ってみたの …

使い捨てロボットが意志をもつとき-9

いつみても毎日を楽しそうに暮らしているひとたち、どこへいっても愛の花々で敷き詰めらているような世界にいる仲睦まじい恋人たち、愛ある暮らしに満たされた仲の良い家族 …