なぜ生まれてきたのか

寂しさを埋めるために恋愛相手を欲したり、打ち込めるような趣味を探したり、人は常に何かを求めている。お金や名誉を求めるのも根本にあるのは、やはり己の空虚さを満たせたいからだ。

だが恋愛相手が見つかったからといって、じゃあそれが満たされるのかといえばそうではないだろう。相手の言動に振り回されてまったく落ち着くことがない。

別れや出会いを繰り返してもやはり同じこと。いつか本当に自分を完全に幸せで満たせてくれる相手と出会えるはずだと、あなたはそう願っている。

だが残念ながらそれは実現しない。同様に満足を目指してお金持ちになったところで、まったく自由にもなれないし満たされもしない。いくらお金があっても虚しさが埋められることはない。

その虚しさ、つまりその溝のようなもの、それはなんだろうか。

1.

それは「全体」から自分が切り出されている溝なのだ。その溝が深いほど孤立する。よってなんらかの手段でその溝を埋めようとする。異性やお金や地位を求める。

確かに一時的には溝は埋められたように感じる。だがその求めてやってきたものとの関係のなかでまた溝が深く掘られてしまう。

ここで私たちがなぜ生まれてきたのかを考察する必要がある。

「愛する」という言葉がある。最近は企業に商品化されて陳腐なものに成り下がってしまったけども、本来「愛する」というのは自他の分離を溶かすという唯一の方法なのだ。

だから人生の目的はなんだといえば、そのこと以外にありえない。

つまり人は自他の分離を溶かすために生まれてくるのである。逆にいえば、分離が起きているから人はそこに存在し、多かれ少なかれ必ずネガティブな思い(自他という不快感)を背負っているのである。

そこにコップがあるということもそう。あなたはそれとひとつになれない不快感がある。ゆえにあなたはいまそこに出現しているのだ。

2.

たとえばあなたが最高に幸せを感じているときのあの満ちた感情があるだろう。あれが私たちの本当の姿そのものとなる。

それを100パーセントの姿とするならば、それ以外の感情、不安や焦りや憎しみや悲しみといったもの、またどのような小さな不快感なども、その100からどれだけ離れているか、減少しているかのことでしかない。

つまりあるのは満ち溢れた至福のみであって、それ以外はすべてそこから分離した結果であり、ゆえにあなたはその分離のために出現しているのだ。不安や憎しみが強いほど、現実というコントラストも比例し、より重いものとなる。

だからあなたの仕事は分離を解消すること、つまり幸せになることにある。

3.

ではどうすればもとの自分に戻れるのだろうか。

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。

  1. hamada514 より:
    全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→
    • 涅槃の書-自分 より:
      全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→

コメント・質疑応答

  関連記事

-->