幸福な夢を生きる

人は一時の快楽を求めたり、快楽に溺れたりしてその後の人生を狂わせてしまう。

もちろん人生が狂ってもそれは遠回りをしているだけで、結局はもとの道に戻ってくる。

しかし「目を覚ます」というのは、少し前の手記でも話したように現世にありながらも、”もとの道”を歩いていること、つまり遠回りというのは、ずっとその安心して満たされた道から外れ続けているということにある。

それはやがて人間関係の破綻や協力者の欠如、また病気や老いとして現れてくる。そうしてこれまで持ち得ていた人生の可能性が失われていくにつれて、より切迫した不安や焦りに襲われているようになる。

つまり魂が強制的に解き放たれるその最後まで苦しみのままにあるわけだ。

当然そんな人生は避けなければならず、”幸福な夢”をずっとみていられることが、まさに幸福な人生にある。

 

男性に降りかかる”不幸な世界”

だから一時の快楽に囚われないようにしよう。

いろいろあるね。たとえばよく相談をもらうものなら、性的な衝動が抑えられないという男性の悩みだが、まずは自慰行為をしばらく禁じてみるといい。

肉体の習慣によってそれが欲求となり、思考の妄想へと直結するわけで、つまりそれが日頃の異性への欲望への根源にある。

実際あなたが卑猥なことを考えているのを相手は察知している。なぜならこの世はあなたの心の現れであるからであり、そして”それゆえ”に性的な欲望を掻き立てる他者や娯楽が次々と現れてくる。

自らを映し出している世界は合わせ鏡に浮かぶ無限の像であり、いつまでも終わることがない。

つまりずっと同じ場所で旋回し続けているんだ。

だがそれはやがて“もとの道”の流れから置き去りにされることになり、いろんな問題が顕在化してくる。

なんらかの疾患が現れたり、また出先で異性に避けられているとか、他人に心を読まれているように感じるようになる。あなたは自分の心が読まれているはずはないと考えるから、逆にそうした世間に腹立たしくなってくるが、ところが本当に読まれているんだ。

 

フェロモン?

逆にいえば、巷で語られる「自慰行為をやめたらなぜか他人に好意を持たれるようになった」というのは、気のせいではない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。

  1. harsppy10 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. nico より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. nico より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

-->