母と子

たとえば交際をはじめたばかりの恋人や、交流がはじまったばかりの新しい友人に対して、また駆け出しの芸能人や特定の人を応援するときもそう、私たちはまるで母親のような気分でその相手を眺めていたりする。

ところが相手に夢中になりすぎてしまうと、いつの頃からか立場が逆転しているようになり、そしてふと「そういえばあの頃、母親のように感じていた」なんてことが気恥ずかしく思えてくる。いったいどうして、そんな大それた気分でいられたのだろう?とね。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->