常に新しい自分でありなさい

あなたの見ているものがあなたであり
あなたはその中にいる

それはつまり
あなたはその見ている世界を
超えられないということだ

だから世界を更新する必要がある
世界とはあなただから
あなたが変われば世界が更新される

「あなたが変わり続けること」

これが一番大切なのだ
いつも新しい風を吹かせる
真っ新な朝を迎える

目の前に四角い鉄板があり
その上には青空が広がっている
冷たい空気に
白い吐息が弾む

そのすべてが「あなた」なのだ
あなたとはその体験
あなたとはその知覚

そしてそれを考えたりしているあなたは
「単独のあなた」ではなく
その思考もそこに置かれた鉄板の如く

あなただ

それら「あなた」が己を見ている
見ている者とは
見られている者そのもの

あなた以外があなただが
そのあなた以外はあなただけが認識できる
つまり全部あなただということだ

白は白の中では自らを識別できない
白が際立てば黒が浮き上がる
黒が際立てば白が浮き上がる

太極図はそれを表している

その図柄はあなたの心
それ自体があなただ
あなたの中に際立つところがあれば
その「対」を生み出す

だけどもすべて図柄の中のお話
あなたは図柄そのものなのだ

だからあなたの生活の中で
幸せや不幸
喜びや悲しみ
怒り憎しみ
欲望

そういうものが溢れていようとも
あなたというパーティの中の
小さなイベントのようなもの

だがもっと盛大なパーティを広げたければ
あなたを更新することだ

あなたが変われば世界は変わる
とても単純なことなのだよ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. no name より:

    自分さん、
    わたしがいなかったんだと気づいてから
    この見ている景色がわたしに、色々メッセージを送ってきます。
    掃除ばかりしています。
    観葉植物が水を欲しがっているなと感じたり、
    探し物が目の前にでてか

    • no name より:

      でてきたりします。
      不思議な感じです。

      コメント間違えて送信してしまいました。
      ごめんなさい。

    • -自分- 涅槃 より:

      no nameさん

      あなたは暮らしに瞑想を持ち込んでいる
      素晴らしいことだ
      そしてそれが本来あるべき生なのだ

      なぜなら人間の心(思考)以外、
      それが植物でも部屋の壁でも
      すべてが瞑想のままに在るからだよ

      すべてが悟った存在ゆえ
      彼らの意識に同調するとき
      彼らに引き上げてもらえる
      その暖かで優しい次元に
      招待してもらえる

      あなたはすでに新しい世界にいるのだよ
      あとは楽しむだけだ

      世界と触れ合いなさい
      その体と触れ合いなさい

      あなたがやりたいこと
      あなたが知りたいこと

      どんなことでも
      すべてがあなたを
      エスコートしてくれるだろう

  2. no name より:

    自分さん、ありがとうございます。人と話をしていても、自分が何を話すのかもわからず、ただ会話を聞いていて
    笑っています。
    ここに文章を書くことも、自動的な感じがします。
    私が小さい頃、誰も答えてくれなかったことが、
    最近わかりはじめています。
    いや、最初からわかってたのかな、、。
    今、端からみれば、私は母親で、妻ですが
    そんなことはどうでもよかったんですね。

    この身体はうまいこと、なんでもこなしています。
    最近、私に相談を持ちかけてくる人がいます。
    それも、うまいことやってのけています。

    他人と思っていたこの人。
    たくさん悩んでいる様子のこの人も、ありのままでいいんだな、、口から出た言葉は
    「ありのままでいいよ」でした。

    これも過ぎ去りますね。

    自分さん、ありがとう。

    • -自分- 涅槃 より:

      no nameさん

      とても美しい話をありがとう
      あなたは神秘という
      素晴らしい体験に触れている

      それに触れるか
      それに触れないか
      ただそれだけの違いだが
      それは同じ場所にいても
      まったく異なる世界なのだ

      ゆえに真理とは
      垂直移動だといわれる
      同じ位置でありながら
      次元が違うのだ

      ふとしたときに
      また思考レベルに戻るだろう
      だがあなたは触れた
      一度でもそれを触れたら
      もう忘れることはない

      つまり思考世界にいることを
      あなたは「知っている」ようになる

      あなたのコメントは
      多くの人々の世界に爽やかな風を流してくれる
      それは夢見というモヤを吹き飛ばすものだ
      霧が晴れ澄み渡った世界が人々の前に
      広がるだろう

      ありがとう

コメント・質疑応答

  関連記事