あなたのその現実こそが夢なのだよ

まだあなたが物理次元から
抜けられないなら
時間の檻の中で足掻いているなら
人生という幻想のスクリーンから
目を離すことができないなら
あなたのその活発なマインドで
このように考えてみなさい

眠るときにみる夢、
なぜそれを夢と判別するのか
目が覚めたら影も形もなくなるから?
そうではない
単に起きている時間の方が長いからだ
それが逆転すると
現実が夢に感じられるようになる
なぜならば夢を見ているとき
現実は影も形もなくなるからだ

今度はその一日の流れを人生に置き換えてみる
あなたの人生は何年だろう?
平均ならば80年前後かな
ではあなたが「生きていないとき」
それは何年だい
何万年?
何億年?
無限?

さて、どちらが夢かね

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事