呪いの指輪

「これを持っているとろくな事がない」
「この曲を聞いた日はいつもトラブルだ」
そういう経験があるかな

あの付近は立ち入ってはならない」
そういう風習もある

「これを持っていると不幸になる」
確かにそうだ

その通り、必ず不幸になる

ところがね
それが部屋に置いてあることを長年忘れていて
ふと
「ああ、そうだこれ不幸になるんだっけ」
と思い出す

そのとき呪いは消えている
一体誰が呪いをかけていたのだろうね

この記事を保存・共有できます。

Notes, 世界辞典

コメント・質疑応答

  関連記事