原罪

自由に生きるなんて許されるはずがない
いつの頃からか
あなたはそう思うようになった
それは自分らしく生きることへの否定だ

「私は許される存在ではない」
聖書的だね

長年その状態で生きているせいで
内なる本性(本当の自分)から
どんどん隔たれるようになってしまった

つまり自分らしくあるということが
どういうことなのかすら思い出せない

変な思考癖がついてしまって
思い出そうとしても
すぐに引き戻されてしまう

その癖は強烈なものだ

なぜならあなたにとって
「自由に生きる」とか
「自分らしく在る」というのは
それは
”他者に迷惑を顧みず
自分勝手で自己中で
わがままに生きるということ”
になってしまっているからだ

そのように受け取っているから
自由であることは「許されない」
つまり自分が自分であるには
良心が痛むという図式になっている

だからスピリチュアルを学んでも
主体性を主義や主張のことだと
解釈してしまうから
いまいちピンとこない

本書が「主体的にあれ」とか
「自発的で大胆にあれ」など書くと
「よし他人に迷惑が掛かっても
自己中であればいいのか」とか
「わがまま放題でいいのね」だとか
そういう”答え”にしか行き着かない

まったく間違っている

逆に質問してみよう
なぜそこまでして
他者を意識するのかね?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. 10のマイナス24乗 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. OK より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. OK より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. komatta より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • komatta より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • komatta より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. komatta より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • komatta より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. O.K. より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  7. shiho-fan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  8. shiho-fan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  9. 普通さん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 普通さん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事