母と手をつなぐ

確かにお金持ちはいるし
モデル雑誌から飛び出したような
人たちも歩いてる

だがそんな一部の人たちだけを見ていると
自分を客観視できなくなる
つまり己を見失うということだ

ここでいう客観視とは
他者の目で自分を評価することではなく
「自分」を自己意識の目で観るということにある

仕事や食事をしていても
誰と過ごしていても一歩離れた視点から
「自分」を観察しているということである

他者→自分←自己意識

しかし意識の目から見放された自分は
まさに迷子になった幼児のようで
常に不安に取り囲まれてしまう

他者→自分←他者

だからいつも何かが足りない
その足りない何かを他者や物事に求める

つまり足りない何かとは安心感である

母なる受容から切り離されているゆえに
「自分は十分これでいい」
「素直にやってけばいい」という
自己に対する基準や肯定感を
持つことができない

だから心の拠り所を求め続ける
心の隙間を「何かで埋めること」ばかり考えている

だがそれは外部に自己の基準を
依存するということであり
結果としてますます他人を羨むばかりとなる

心はどんどん惨めになっていく

 

1.

インターネットは解放され
誰もが自分のことを公開できる時代になった

ツイッターやフェイスブックといった
いわゆるSNSで老若男女問わず
まったくの他人のことを
窺い知ることができる

人々はとても満たされて
充実しているようにみえる
みんな楽しそうで
それぞれ予定が満載なようだ

テレビもセレブなタレントや
実業家の豪華な暮らしが放映され
映画やドラマは
厳選されたルックスの俳優で溢れている

すごい世界だね

投資で何億円儲けたとか
10代から海外留学していたとか
パリ風のオシャレな暮らしの報告だとか

メディアを通じて知るこの世は
「平凡であること」は異常なことであり
もはやひとつの犯罪ですらあるともいえる

そうした風潮に感化されて
本来「演じられるだけ」だったはずの
仮想空間は現実空間と逆転しはじめた

いまじゃ街がSNSそのものだ

髪型も服装も流行から1mmも漏れずに

澄ました顔で誰もが溶け込んでいる

 

2.

さてそれは結構なことだが
おかげで「自分」はいつも
場違いな感覚で街を歩くことになる

まるで太古の時代から紛れ込んだ
古代人みたいだ

博士はこのボタンを押せば
「正しい時代に戻れる」と言っていたのに
全然話が違うじゃないか

どこなんだここは

街を歩けばいつも自分は浮いてる
レジで並んでいても
電車に乗っていても
ほら、なんだか自分だけ扱いが違う

店員の態度が
すれ違う人々の視線が
心をズブズブと串刺してくる

どうして自分が話しはじめると
みんな黙ってしまうのか
言葉が通じていないのかと
不思議に思うことさえある

もちろんそれなりに
エチケットや流行には気をつけたりはする

どうにもならないものは仕方ないとして
出来る限りの事はやってるつもりだ

だがどうして
みんなのように笑えないのだろう?

 

3.

もちろん実際は幸せでなくても
「そのように演じなきゃならない」
という風潮があることは知ってる

自分はそこまでバカじゃない
そんなことはわかっている

SNSに次々アップされるハッピーな画像
だが彼らの笑顔は嘘っぱちだ
料理の写真だって
ちょっと加工すれば所帯臭さも消える

優美なボサノバの流れるカフェの椅子に
腰掛けるあそこの綺麗な人も
家はゴミ箱のようだったりするわけだ

そんな「事実」を自分は知ってる
誰もが「自分を保つため」に
努力しているだろうことはわかる

だからみんな偽りを演じてるはずなんだ
だから「安心していいはず」なんだ
その21世紀風のメイクを落としたら
中身は同じ古代人なんだから

しかしここで重大な疑問にぶつかる

もしかして自分だけが
その「事実」に気づいているだけで
他のみんなはその本当のことを
忘れてしまっているのではないかということだ

つまり誰もが流行から漏れまいと
価値観や性格などを努力して
保っている自分こそが「本当の自分」だと
思い込んでいるのではないか

それは大変なことだ

なぜなら幸せは「演じるもの」であり
その演技をやめることが
不幸であることになるからだ

なるほどそれなら確かに
平凡や自然であることは異常であり
もっとも冒してはならない誤ちとなる

しかしこれが現状であるとするなら
そんな眠りの人々のなかに
自分が巻き込まれていることは
大きな問題となる

 

4.

みんな古代のあの懐かしい風を
覚えているのだろうか

一緒に駆け上がったあの丘や
城壁に腰掛けて見上げた美しい星空

純粋で素直だったあの頃を
ちゃんと覚えているのだろうか

この新時代の「演技」を真実だと思い込んで
その勢いのまま他人を
せせら笑っているんじゃないのだろうか

ちょっとみんな目を覚ましてくれよ
じゃないとやってられないじゃないか

店員も通行人たちも
こちらを時代遅れの人間だとみて
それで拒絶しているんじゃないのか

そんな輪の中で人々は同調し合う相手とだけ
笑いあって肩を叩き合ってるけども
それは一体「どの自分」がそうしているのだろう?

どうやったら目が覚める?

パチンを頰を叩いてやればいいのだろうか
いいやそんなことやったら通報される
同僚は殴りかかってくるだろうし
恋人は怖がって逃げていく

ではみんなに「君たちは異常なんだ」と
伝えれればいいのだろうか?
いいやそんなことやったら
自分が異常者扱いにされる

街の人々だけじゃない
身近な家族とも
いつも心がすれ違っている

興奮して声を荒立てたところで
自分の話を理解しようなんてせず
ただなだめられるだけ

結局いつも自分は困った人の扱いだ

それにしても
「このボタンで正しい時代に戻れる」と
博士は自信満々に言っていたが
それはどういう意味だったのだろう

というより「正しい時代」って
一体いつのことなのだろうか

あの懐かしい古代の頃?
でも古代っていつのことだ?

どうにもならないこの世界で
自分はみんなと同じように
白々しい演技を続けて
嘘の笑いをして

みんなが良いというのものを良いと言い
みんなが嫌うものを一緒になって嫌う

そうしていつの間にか
このもどかしさを忘れているような
そんな人生しかないのだろうか

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. keito より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. imacocojin より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. yuka より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. yuka より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

第六感をものにする
いちばん奥の扉をひらく
自分の世界を作っていくということ
ずっと流れ続けているもの
バイブレーション
終わらない前夜祭
記憶を見ている
心の逃げ場をつくらない