時代を生きるということ

生命という言葉がある。ひとりの生命は地球よりも重いなんてキャッチコピーがあったりする。だが生命とはなんだろう。これは実はここ200年ほどに生まれた概念であり、それは生物学が発展してきて、その辻褄合わせのためにできたものなのだ。

かつて人間も動植物も、すべては神が動かしていると考えられてきた。そして時代がすぎて、似た者同士が関係しあって動いているということになった。トリカブトの花が眼球に似ているから「眼病に効く」だとかね。そのように信じられていた。だから人間の肺と魚のエラが同じ機能をしているなんて思いもしなかったのだ。

1.

だが近代になってそうした「見た目」での分類ではなく「機能」としての分類がされるようになる。するとある事実を浮き彫りにしてしまったのだ。

それは人間というものは、神が動かしているのでも、宇宙と表象的に呼応しているのでもなく、心臓や肺といった個別の動きをするパーツが「寄せ集められたもの」でしかないということになってしまったわけだ。

この事実について西洋(キリスト教)は困った事態となった。ただでさえ「人間は神の子どもたちである」という聖書の話から離れていたところに、ただの有機物の塊であるなんて話はまずいわけだ。

そこで生命という概念を作り出した。生命という大きな括りのなかに、臓器が活動しているとね。

2.

確かに見事なキャッチコピーだ。だがこの生命という言葉のおかげで、人は以前にもまして個人主義な観点を持つようになってしまった。つまり自分の生命、他人の生命と分けて考えるようになり、自他分離の隙間がさらに大きくなった。

ゆえに自分を「確保」するために単独の犯罪が増え、世の中はそれ以前とは違う乱れ方をするようになる。18-9世紀ごろの話だ。

そこで社会はこれまでの支配的な専制政治をやめて、民主主義という「みんなで生きよう」という社会を生み出した。

建前としては自由やら解放やらを感じさせるが、実際は以前にも増して民衆を拘束するものだ。以前は目に見えた支配(公衆の前で刑罰されるなど)だったことに対して、今回のプランは目に見えない鎖で縛り付けることにある。

3.

このシステムの「たちの悪さ」とは、悪事をした人が縛られるのではなく、悪事をしていないすべての人を縛りつけて、そこからはみ出たものを悪人とするというところだ。国家としては逆転の発想ともいうべき大発明である。

そもそも「民衆をこれ以上制御できないから」と新しく切り替えたわけであり、当然「本来の目的」があるのだ。誰もがそれに気付かず、現在もあくせくやっている。

だが心のどこかで理由のわからない「不安」「焦り」「恐怖」に晒されており、何をやろうとしても「後ろめたさ」「罪悪感」に襲われる。つまりこれが透明の鎖なのだ。その鎖とはなんだといえば、それは互いが互いを監視し合うという、自制集団の成立のことである。

4.

あなたはどうかね、なんでも「すぐにできない」だろう? 気になる人に声をかけることすら遠慮してしまう。まるでそれが「輪からはみ出ること」のように感じられてしまう。

この後ろめたさ、罪悪感、それこそが現代版の「原罪」となったわけだ。

ゆえに誰もが「罪」を犯さないように生きている。つまり「罪を犯していない人々」は足に重たい鎖をつけられて生きているのだ。人々は自由を剥奪されていることにまったく気付かずに、狭い檻に閉じ込められ続けている。

いまの時代の「自由」は共通している。それは「外から手に入れるものである」ということだ。休暇、ボーナス、新製品、バレンタインデー、恋愛、結婚式、海外旅行、こうした「事前に用意され、与えられる自由」に誤魔化されて、本来の「生きていることの自由」を抹消されてしまっているのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ainohikari より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • ainohikari より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. ituki より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

何でもない存在になる
他者も社会も実在しない
間違いをやめて人生を楽しくする
あなたが花を咲かせている
社会で生きていくために(1)
適応しようとしなければ、うまくいく
富とはなにか
心の対話