「 奇跡 」 に関する一覧を表示中

夢の世界

昔よく世話になった人が 病気で倒れ入院してすぐに亡くなった 何年も前の話だがね もう長くないと本人もわかっていて お見舞いで久しぶりに顔を合わせたとき 人生は夢 …

天からの伝言

たとえば新しい人との出会いにしろ 新しい職場や業種に就くことにしても それが実現したのは 何もせずに閉じこもっていたのではなく それが起こるための行動をしていた …

なんでもない日々

親しい人が死んだとき この宇宙を隅々まで探しても もうその人はどこにもいないのだと気づく さほど知らない他人についてなら それは当たり前なことに思えるが しかし …

望みはいつも叶っている

あっという間に月日が流れていくね 今年の始めには 「あれを達成しよう」なんて 意気込んでたのに 結局できず仕舞いだったかもしれない どうしてできなかったのかとい …

一日、一年、一生

人は生まれてから 幼年期、青年期、熟年期、老年期という感じで 成長の段階を表現したりするけども それはたとえば 季節の変化にも同じように重ねられる 春はまさに芽 …

千円と二万円

富む者はますます富む これは聖書の言葉だけども 一聴するとなんだか不公平な感じがするね もちろん大富豪なら よほどのヘマをしないかぎり 富は失われないだろうし …

欲望に傾かず、そして深刻にも傾かず

人生最大の奥義というのは 実は深刻にならなくても 人生は常に”調整”されて 過不足なく進んでいくということを 知ることにある そのことを …

いまを大切な思い出にかえる

辛かったことも過ぎてしまえば よい思い出となったり そばにいて当たり前だった人が いなくなったとき その大切さに気づいたりする なんでもなかった日々が 懐かしく …

甘く優しい罠

自らこしらえた罠にかかってるのが 個々の私たちだけども それは緩くて美しい罠なのか それとも過酷で恐ろしい罠なのか どちらにもいえるのは 罠にかかった己が逃げ出 …

チャンスをつかむ

前回は才能について話したけども 今回は「チャンスをつかむ」とは 正しくはどういうことなのかをみてみよう 才能を伸ばすとは 長所を伸ばすことではなく 短所を伸ばす …

-->