夢見と現実の仕組みを理解してハッピーを起こす

眠るときに見ていた夢とは
人生の秘密を解くヒントを与えている

今朝見ていた夢を覚えているかな
当然、いまはそれが夢だったと知っている
夢見の中ではそれが現実だった
あなたはそこに登場する人々と関わっていた
何かを思い悩んでいたかもしれない
それについて懸命に解決をしたかった
感情に動かされていた

だがいまはそのすべてが幻の如く
消え去っている
つまり夢とは
「夢を見ていたこと」
ということだけが事実となる

ではあなたは昨日は何をしていただろう
お昼にレストランに行っていたとしよう
そこで美味い肉料理を食べた
それはとてもうまかった
一緒に食べていた家族か同僚か
彼らとも話が弾む
そういう時間を過ごしていた

さて

いまそこに肉料理があるかね
そこはレストランかね
テーブルを囲んでいた誰かはいるかね
いまはそのすべてが幻の如く
消え去っている
つまり夢見と何ら変わりはない
すべてその記憶だけが事実として残る

夢と現実の違いはない
それどころか同一線上のものだ
あなたがついさきほどまで行っていた作業
それすらも幻
なぜならばそれはいまそこにないからだ
これは単なる問答ではない

そして
「夢を見ていたこと」
「さっきしていたこと」
それらを「思い出していること」すらも
幻想となる

ところがあなたは
昨日の食事がおいしかったねと
同席した人と話すことができるという
だから幻想ではないとする

違うよ

そういう会話すらも過ぎ去った後の認識だ
あなたが話をしたところで
その会話すらも「会話をしていた」という
記憶に頼る以外にない
つまり夢から目覚めた時と同じ
すべては記憶を見ている
そしてそう信じている

その新たに行った行動
本当にしていたのかね

だから夢は現実であり現実は夢なのだ
つまりあなたがどちらをそのように
思い込んでいるかの違いだけ

どちらに重きを置いて見ているかだけのこと
だから夢も現実もなく
すべてが夢であり現実である
同じものだ

よろしいかね

まだ話は終わらない

ここであなたにひとつ朗報がある
あなたが目を覚まして
「ああ夢だったんだ」と我に返りながら

「そうか、昨日あんなことがあったから
こんな夢を見たんだ」

そのように気が付いたことがあるだろう
会社で嫌な思いをしたことで
夢の中でも同様の思いを引き摺っていたり
日頃から焦る気持ちでいっぱいなら
夢の中でもどうしようかと
困り果てている

そのようなダイレクトな反映以外にも
水を大量に飲んだことで溺れる夢を見たりなど
連想的なケースもよくあることだ

つまりあなたの心に刻まれているものが
その夢世界を構築する

ではその現実はどうだろう
あなたの心に刻まれているもの
それが「いま」を創り出していることがわかるかね
あなたがいま心に信じ込んでいるもの、
思い込み、
そういったものが
その世界に反映されている

夢も現実も同じシステムだ
だからあなたが幸せであり続けたいならば
どんなことも幸せであると受け取るだけでいい
理由はいらない

幸せなときのその心の感じ
それを生み出す癖をつけておきなさい
すると夢見の中のように
次々とハッピーなニュースが沸き起こる

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. buruku10 より:

    この記事にあることを実感しています。

    夢の中でいつも僕は苦しくて逃げています。
    現実で逃げている環境、恐れている環境と全く同じ事が夢の中でも起きます。

    だから繋がっているんだなー、意識が作り出しているんだなーっていうのは最近すごく実感していて、
    いよいよ涅槃の書で書かれている事も現実味を帯びてきた感じです。

    思えば1番最初にこのサイトを見た時は本当に何を言ってるんだろう…

    と思っていたのに、今となってはああやっぱりそうなのか…という感じになってきています。

    僕の気分がいいと、世界の気分もよくて、僕の気分が悪いとみんなの気分が悪くて、
    僕が気にしてると皆が気にします。

    あなたがそうであればそうなのだ。
    とよく言ってますが、本当にそうなんですよね。

    想像一つで良い気分も作れるし、怖かった経験を思い出せばそういう気分になる。
    しかしそれをこの世界でやるとなるとまず僕が現実から離れなくてはいけない。
    僕が全体になった時に、この世界を僕の頭の中の想像のように、
    見たいように見る。自分がそうであればそうなる。という事になるのでしょうかね?

    しかしそれはまだまだ難しく現実に囚われてしまう事も多いです。
    今在る物と今にいる事も得意になったし、想像力で幸せを感じるコツも掴めてきました。
    そもそも現実でも想像の世界でも、感じた気分には関係ありませんからね。
    想像の中でも暖かい気分は良いものです。
    それにしても読み返す度に理解が進んで楽しいですね。
    昔はなんとしても現実を変えるぞ、と読んでいましたが、今は人生の秘密を知る事が楽しいって感覚です。

コメント・質疑応答

  関連記事