ろうそくの灯火

私がまだ幼かった頃
近所にちょっとしたお屋敷があって
そこに同い年の女の子が住んでいた

一緒に登下校をしたり
家にも何度か遊びに行ったこともある

家にはいつも彼女のお母さんとお婆ちゃんがいて
夏休みなんかは
スイカやかき氷をよくご馳走になった

それからしばらくして
私のほうが引っ越すことになり
大人になってから彼女と再会したのだけども
思えばそれも夏だったが
久しいお母さんやお婆ちゃんの思い出話を
いろいろ話してくれていた

そのときはもうご両人は亡くなっていて
私の顔をみたときに懐かしいあの夏休みの
みんなでスイカをかじっていた光景が
よぎったからだと微笑んでいた

──

あとねえ、お婆ちゃんがイチジクが大好きで
でもお母さんはイチジクが大嫌いでね

よく縁側でお婆ちゃんが
「病気予防にもなるから食べたほうがいいんだよ」
とお母さんにいってたけど
「いらない」っていつも逃げてた

──

そんな彼女の話を聞きながら
ああ、あの縁側だなと
脳裏に浮かんでいたのだけども

同時にあの2人は
もうこの世にいないのだという
不思議な気分にも包まれていた

イチジクの会話の光景だけが
こうして残されているが
まるで夢をみていたかのように
それを語り合ってた本人たちは
どこにもいないわけだからね

そして先日
その幼馴染だった彼女の葬儀に行ってきた

いまや彼女との思い出だけがあり
しかし彼女はもういない

つまり彼女が見ていた
お母さんとお婆ちゃんの語り合ってた姿

「これ食べたほうがいいんだよ」
「いらない」

そんな親しい家族の光景だけが
彼女に残されたように
そのことを健気な笑顔で話していた
彼女の幻だけが私に残されている

夜の街の賑わいのなかで
少し酔っ払ってた彼女の映像だけが
いまここにある

 

ところで
ろうそくはやがて燃え尽きて消えてしまうけども
しかし灯した火は
別のろうそくに分け与えることができる

火は分け与えたからといって減るわけではない

つまり”同じだけの光”を
いくらでも分け与えることができるのであって
なにより己が消え去ってもその光は残る

たとえば彼女は私に光を分け与えてくれたが
あなたもまたこうして私の思い出を聞いてくれた
つまり私が消えても”光”は消えないわけだ

この話だけのことではないよ

私と出会ったことであなたに灯った光は
他にもたくさんあるからね

私との直接的なことでなくても
私と関わったことで
他のなにかへの関心や経験ができただろうし
生活が変化したかもしれない

つまり分け与えられる光とは
具体的なことではなく
その奥にある”なにか“であり

そしてそのなにかこそが
ずっと私たちのなかで受け継がれているんだ

言いかえれば
お母さんもお婆ちゃんもそして彼女も
“光”を伝え導くために
それぞれの姿をもって現れていたわけで
むしろ彼らは光の「現れ」にあるといえる

同じく私もあなたもそんな”聖霊たち”にあるが
その役目は光を絶やさないことであり
それは己が光であることに気づき
それを忘れないことにある

だから本当にここにあるのは光だけなんだ

ゆえに大事なことは
ろうそくの光が分け与えても減らないように

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。
・コメントシステムはWordpressを利用しておりますので他でWordpressアカウントを設定されている場合、アイコン画像がコメント欄に表示されます。

  1. harsppy10 より:
    全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→

コメント・質疑応答

  関連記事

-->