魂は永遠に転生していく

先日カフェで午後を過ごしていたとき、別の席にいたカップルが店内に行き渡るほどの口喧嘩をしていた。

痴話喧嘩でよくあるのは、相手の言葉の一部だけを切り取って、その”部分だけ”を徹底反論してるような様子にある。

いわゆる揚げ足取りのことだね。

それは結局のところ、話全体の解決を望んでいるのではなくて、自分の煮えくりかえる感情を満足させたいだけにある。

これが厄介なのは、そのような自分の感情を満足させたい人にとっては(そのカップルは彼女の方がそうだったが)その切り取った部分の解決のために、いまこうして話し合いがなされている、と思い込んでしまっていることにある。

もちろんはじめは自分が揚げ足を取ってることを自覚しているだろう。

だがその揚げ足に対する相手の返答にまた揚げ足を取っていくうちに、そもそもの本題が見失われていく。そうして彼女の論点や解決したいポイントはどんどん変化していくわけだ。

相手の発言の気に入らない部分ばかり注目しているのだから当然そうなるわけで、カフェで聞こえていた彼らの喧嘩はまさにそんな感じだった。

彼氏のほうはといえば、そうして横滑りを続ける彼女の論点を”大きな全体”のなかにみている。

しかし彼が話全体の解決(そもそもの議論の解決)を望んでも、彼女が言葉の端々しかみていないゆえ、残念ながら話がまとまることはない。

「君は部分しかみえていない」と彼女に伝えたところで、彼女は理解できないだろう。なぜなら彼女からすればそれが全体だからだ。

どのように説明されても、彼女は自分の視野の範囲での思考や理解しか働かせることができない。

つまりここに”視野”の違いがある。

彼氏からすれば、とても小さな部分が彼女の”全体”にある。

執着していた部分がやがて全体になる。その狭く小さな全体のなかで彼女はこの世をみる。

 

クローズアップのトリック

ところでゴシップを報道する週刊誌やテレビなんかがよくやることだが、起きた出来事の全体ではなく、そのなかの部分だけをクローズアップして「ほら、すごいことになってますよ」と注目を得ようとする悪しき手法がある。

部分が全体であるかのようにみせるわけだ。

そのような「事実の一部だけ」を伝える偏向報道は、最近はネット上の情報(SNSに限らずGoogleの検索結果にしても)にもよくあるので注意しなければならないが、しかしこのことが重大なのは、やり方によっては、その部分だけをみせることで実際に起きているのと真逆にみせることができるということにある。

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。

  1. kinoko より:
    全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→

コメント・質疑応答

  関連記事

-->