本当はなにも起きていない

時計の秒針は
いま何時であるかを知らない

なぜなら秒針は常に時間の”先頭”であり
“先頭にあり続ける”ということは
時間が永遠に静止しているからだ

ここに「いまここ」の真髄があるわけで
あなたが自我から解放されたときもまた
「永遠のいま」に溶け合っている様子にある

つまり秒針よりも先に飛び出たり
秒針よりも後ろに遅れたりしていたような
不安や焦りや妬みや憎しみに駆られていた
自分の心に同化していたときとは違って
時間が止まって感じられているようになる

もちろん動き自体が
止まっているわけではない

これもいつも話すように

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

怒りを鎮めるには
ペルソナの世界(4)
鏡のない世界
永遠をみつける
流れる粒子のなかであなたは夢をみる
うまくいってる人たちが得ているもの
あなたの外側には何もない
幸せの実現
-->