不倫映画から生き方を学ぶ

ドラマや映画は人間の心理をいかにして描くかにかかっているけども、それが成功している”良作”からはいろんな学びを得ることができる。

特に”日常的”な私たちの心の動揺や不信感をうまく描いているのは、不倫や浮気をテーマにした作品にある。

不倫や浮気に無縁の人であっても、そうした作品で描かれる”心の様子”は、日頃の一般的な人間関係や、また自分自身のあり方を見つめなおすための材料で溢れているからだ。

 

燃えさかるハート

さて、洋画・邦画にしても有名な作品は山ほどあるが(列挙してみれば膨大な数になってしまったので割愛するが)、たとえばリチャードギアとダイアンレインが共演した「運命の女(2002)」もまた優れた作品だといえる。

原題のUnfaithful(不貞)の通り、r18指定であり、エロティックなシーンが多いから家庭で観るときは注意が必要だが、ウィキペディアなどで公開されている程度のざっくりしたあらすじを書いておくと、

──

中年夫婦と8歳の息子の家庭は穏やかな日々を送っていたが、ある日、妻は偶然に若いフランス人の青年と出会い、たちまち一線を超えてしまう。

──

という内容にある。

多くのレビューにもあるように、優しい夫と可愛い子どもを抱えている妻が自ら青年を求めにいく姿には驚くばかりだが、さすがダイアンレインの出世作だけあって、生々しい不貞妻を見事に演じきっている。

人生になんの不満もないはずの奥さんの憑かれたような姿に驚く視聴者が多いのは、それはもちろん”当事者”ではないからだ。

浮気にかぎらず、恋にしろ他の欲望にしろ、心に火がつけば私たちはみんな同じようになる

 

突然の悪天候みたいに

ではこの作品から何を学べるのかといえば、”本書的”には青年の肉体に翻弄されながらも自責の念に追い詰められる妻のほうではなく、そんな妻への不信感を抱えた夫の心の動揺や行動についてにある。

円満な家庭が舞台ゆえ、夫の激しい心境は想像に容易いだろう。

会社経営者である夫はいつからか妻を疑いはじめる。その不信感は仕事中にも露わとなり、疑心暗鬼な心を抑えきれない。たとえば部下が他社の人と親しくしていることに訝しさと怒りを向けて解雇にしてしまう。

しかしその部下というのは、カフェで社長の妻とフランス人青年が親しくしているところを目撃しているが、理不尽に解雇されて怒り浸透になっても、仄めかすだけでそのことを直接には述べなかった。

つまり信頼関係を崩しているのは社長のほうであるという示唆が暗に描かれている。

そうして生真面目な夫は動揺し続け、いよいよ探偵に妻を尾行させて情事を知ってしまい、やがて大きな物事に展開していく。

どうなるのかは鑑賞に任せるが、結局最後は「なにもしなければよかった」という夫の後悔が漂うことになる。

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘や扇動する行為、犯罪行為を正当化するコメントなどは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、暴力的な表現など他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・意図的であるなしに関わらず、文章が途中で途絶えているものは掲載不可となります。もし誤って送信された場合は早めに追記として再投稿してください。
・マナーを守らない場合は規約違反となります。また他のユーザーや当事業部、作者への中傷や毀損と思われる言動は会員規約に則り強制退会および法的措置となりますのでご注意ください。
・投稿者による有料記事の大部分に渡る引用は禁止しております。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。
・コメントシステムはWordpressを利用しておりますので他でWordpressアカウント(Gravatar)を設定されている場合、アイコン画像がコメント欄に表示されます。会員登録されたメールアドレスで紐づきますので、もしアイコンを表示させたくない場合はお手数ですがこちらより涅槃の書の登録メールアドレスを変更してください。

  1. harsppy10 より:
    コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

-->