愛と仏

「知らぬが仏」ということわざがあるね
だいたいは軽口で使ったりするけども
実はこれには深遠な意味がある

知らぬが仏、言いかえれば
「知ると仏ではない」わけだが

たとえば「成仏」というように
仏というのは
形の呪縛を解かれた本来の姿のことにある

つまり私たちは
仏の”化身”である形ある世界を生きている

日々の物事も関わる人たちも
そしてあなた自身も
仏が姿をもって現れた姿であり
やがてはその「姿」を脱ぎ去っていく

通り過ぎていく日々の出来事は
まさに「成仏」していったわけで

通り過ぎても
あなたが心で掴み続けるかぎり
それは”成仏”できないまま
なんども現れ続けることになる

 

鏡の連鎖

さて「知ってれば」もうそれは仏でなく
なんらかの形として
己に現れているということだけども

たとえば
「夫が浮気してるのを知らずに
奥さんは幸せな気分でいる」というとき
その奥さんは不幸ではない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事