宇宙の充足が幸福になるかそれとも災厄になるか

現代において科学といえば
その便利さと裏腹に環境破壊や遺伝子操作
原発事故などのイメージが伴う

つまり「いまの科学」というのは
社会システムに組み込まれているわけで
しかも科学技術研究のスポンサーは
国家や企業であるわけだから
当然ながら利己的な目的が第一にあるといえる

私たちを包むこの宇宙の流れの
「ある特定の部分だけ」に焦点をあてて
その作用を技術化する

自動車のエンジンの仕組みもそうであるし
原子核を分裂させて
エネルギーを取り出すこともそう

だが”本来の科学”とは
そういうものではなかった

たとえば古代の哲学者だった
ヘラクレイトスはこのように残している

──

この宇宙の秩序コスモスとは
神や人が造ったものではない

むしろ”ずっとあった”のだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

他者を愛することができない
焦りが幸せを消していく
社会で生きていくために(2)
プレゼントを素直に喜べない
愛されること恐れられること
他者とは何者か
新しい世界に住まうこと
誰もいない惑星で暮らしはじめる

   Notes