追い風に希望を乗せる

急いでるときに限って
渋滞していたり電話が鳴ったりする

現実はこのように常にあべこべに生ずる

だがここで鏡の原則を思い出そう
凹凸でひとつだったね(凹+凸=口)

つまり完全なるもの(形のないもの)があり
そこから現実という形が生まれるとき

それは必ず「自分と世界」とで
対の関係になるということだ

だから気持ちを焦らせるほど
時間はどんどん過ぎていく
そして邪魔するものが現れる

逆にあなたがゆったりするほど
すべてはスムーズに流れていく

行動はゆっくりだけども
なぜか協力者が現れたり
想定しない偶然が重なったりして
現実全体が総力をあげて物事を片付いていく

どうしてそうなるのかといえば

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事