あなただけが生きている

あなたが歩いていると
壁の落書きを見つけた

「さよなら」と書かれていた

壁の左から何センチ、
下から何センチのところに
独特な筆体で描かれた「さよなら」だ

これはあなたの世界に現れるすべてを
意味している

これを書いた人は
何らかの考えがあったのだろうが
あなたには知るよしもない
落書きという結果が
書かれているだけだからだ

ポジティブな「さよなら」なのか
ネガティブな「さよなら」なのか
それはあなたの受けた印象で確定する

この方便が意味するところは
あなたの世界で”思考を持つ”のは
あなただけだということ

その文字自体に思考はない
ただその位置にあり、
その言葉だけが残されている
だからあなたの受け取る印象で
その言葉のカラーが決まる

世界に登場する他者とは
まさに壁の落書きそのものである

決まった時間、決まった場所で、
決まった言動を起こしていく

それはあなたの予想できない領域
あなたが”見たとき”には
すでにそれがあるからだ

 

つまり世界で生きている者は
あなたしかいないということ

あなた以外はすべて
「残された落書き」にすぎない

そしてあなたは
「あなた」という落書きをも
見ていることに気付く

それが観照となる

 

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , ,

コメント・質疑応答

  関連記事