「まだ見ぬ恋人」と出会うということ

周囲の友人たちが結婚して家庭を持って
人生を満たせているというのに
自分だけが何も実現できていない

それなりに出会いを求めたりもするけども
いつも空回りする

どうしてみんなはあんなに
“自然に”実現できるのだろう?

確かに「相思相愛の恋人ができる」というのは
いったいどうすればそれが実現するのか
考えれば考えるほどわからなくなるね

誰でもいいというわけではないゆえ
まず理想の相手が存在していなければないし
しかもその相手がフリーであるなど
様々な条件がマッチしなければならない

さらには交流するきっかけがそもそもあること

つまり”まだ見ぬ恋人”と
奇跡的に出会うタイミングや場所が
合致している必要がある

そしてなにより
あなたはその人のことを好きになり
相手も自分のことを
受け入れてくれなければならない

もちろん付き合ってからも
信頼のおける相手でなければならないし
将来的には2人での生活の問題も出てくる

そういう数々のハードルを超えて
ようやく周囲の友人たちと
同じスタートラインに立てるわけだ

彼らは平然とさらに大きく進んでいるがね

この話は恋人だけでなく夢や目標など
人生のあらゆる実現についても同じといえる

 

 

人生は難しい?

しかし世の人たちは本当に
それほどに難解な手順をクリアしたのだろうか
それとも相手は誰でもいいやと妥協して
いまの生活に成り果てただけなのだろうか

もちろん知人のなかには
そのように語る人がいるかもしれない

だが本当のところはそのどちらでもないんだ

つまり誰も難解な手順など踏んでいないし
妥協してその相手を選んでいるわけでもない

「ええー?」となるだろう

だがそれはあなたが
「運命の出会いとは奇跡の実現なんだ」と
捉えているからこそ
その二者択一が浮かんでいるにすぎない

たとえばいま
見慣れた生活がそこにあるね

それはいったいどうやって実現したのか

「そうなるようにやってきたからですよ」
と言うだろうけども
じゃあどうして「それをやろう」という
局面に己は立っていたのだろう?

やるもやらないも
それを選ばざるを得ない状況に
常にあるんじゃないかな

確かにいまの暮らしに到達するために
努力をしたかもしれない

だがその努力は本当に必要だったのだろうか?

実はあなたが思っているような
努力などせずとも
同じように到達していた
んだ

つまり「このこと」に気づいているとき
それが望みを実現させていく導きとなるのだよ

 

 

この世は何もせずとも実現している

いいかい
何もせずして実現させてみること
これが鉄則となる

実際のところ私たちは何もしていないんだ

あなたは”何もせず”
この世を実現させている

思考も行為もしているだろう
だけどもそれは
そうせざるを得ないゆえにしているのであり

より正しくいえば
何かが自然に起きていることを
自分で何かをしているのだと
思い込んでいるにすぎない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. Minnie より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. nobody より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. nobody より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. nobody より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. anlove5133 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事